Policy

理念

image
image

Concept of MartialARTS GYM

 マーシャルアーツGYMコンセプト

 東京で弁護士法人Martial Artsの代表弁護士をしている堀鉄平です。私は、2002年司法試験合格後、すぐにブラジリアン柔術を始めました。最初はTVで総合格闘技イベント「PRIDE」を観戦するうちに、「自分もこれに出たい」と思って柔術道場の門を叩き、仕事の合間に練習に通いました。しかし、大きな弁護士事務所に雇用されながら柔術の練習を両立させることはなかなか難しく、そのうちに「PRIDE」も団体自体が消滅してしまいました。

 その後、私は弁護士事務所を退職し、自分の弁護士法人を持つことができました。優秀な弁護士、スタッフに助けられて、私は練習時間を確保することができるようになり、前田日明さん主催「THE OUTSIDER」というイベントでプロ契約まですることができました。一線級の格闘技大会で活躍するような選手にはなれませんでしたが、そこで戦った盟友や弁護士法人・GYMのスタッフ、家族に囲まれて、私は幸せな人生を送ることができるようになりました。

 そのような中で、弁護士法人Martial Artsが福岡支店を開設することになり、私は福岡市内を散策していたのですが、西区今宿の海岸沿いに出た際に、「衝撃」を受けました。「これは美しい!この地でブラジリアン柔術の道場を開きたい!」マーシャルアーツGYM福岡今宿の誕生です。

image
image

 私はかねてより、家族が幸せになるためには、家族全員がスポーツを共通の趣味として一緒に汗を流すことが王道であると考えてまいりました。そして、そのスポーツは、誰もが気軽に参加できるものである必要があり、かつ安全性の高いものである必要があります。そうすると、寝技の組み技主体であるが故の安全性の高さや、全くの素人からでも始められるハードルの低さを併せ持つブラジリアン柔術こそが、家族が幸せになるためのスポーツとして相応しいと考えます。ブラジリアン柔術は、非力な女性や子供でも自分の身を守り、体格や力の上の相手にも勝てるように考案された護身術として、別名グレイシー柔術とも呼ばれ、近年、競技人口が急速に増加しています。

 マーシャルアーツGYM福岡今宿は、このようなブラジリアン柔術を主体としたGYMですが、格闘技GYMでありながら、強さだけを求める道場ではありません。
 お父さんは、ブラジリアン柔術を通して、自分に自信を持つことができて、子供に対しても格好良い父親でいられることでしょう。
 お母さんは、ダイエットコースを通して、より綺麗になり、着たかった洋服を着られるようになることでしょう。

 お子さんは、キッズ柔術を通して、強く逞しく育つことができます。
 何より、ご両親とお子さんが一緒に運動をすることで、お子さんは家族が大好きになり、家族の絆が深くなることでしょう。

 マーシャルアーツGYM福岡今宿は、ご家族の第2の居場所として、心温まる雰囲気作りをお約束します。
 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。